ハウツー

仕事スピードを一気に向上させて早く帰るための方法「周りの人に学ぶ」

投稿日:

新入社員として入社して最初は覚えること
が多かったけれど、そろそろ仕事に慣れてきて

なかなか早く帰れず残業が続いている人

仕事をさっさと終わらせて早く帰りたいと思う人

は少なくないのではないでしょうか?

 

タスクの量にもよりますが、そのためには
自分の仕事スピードを向上させることが不可欠です。

 

では一体、どうすればよいのでしょうか?

 

実は仕事を早く終わらせるためのノウハウや方法は案外「現場」にあります。

つまり自分の「周りの人」が自分の仕事スピードアップに繋がるということです。

今回はいたってシンプルな「周りの人に学ぶ」方法をご紹介します。

 

周りの人をコピーする

特に新入社員など仕事をし始めた人はOJTなどで仕事を教えてもらったとしても、
あたふたしてしまって、スピーディーに仕事を進めることができないと思います。

そのような場合には「まず第一に仕事で何をしているのか」を理解することが
大切なので、スピードは求めずに仕事に慣れることに注力した方が良いです。

しっかりと理解できたら、次にスピードを重視しましょう。

 

具体的には「周りの人をコピー」します。

 

周りの人で仕事がすごく早い人っていませんか?

そんな人がいないか探してみて、見つけたら、その人の作業を観察してみましょう。

どんな風に仕事をしているのか直接聞いてみるのもいいですね。

すると、自分の今までやっていた非効率な作業は何だったのか分からなくなるような
衝撃的な発見もあると思います。

それこそ一気に作業スピードを向上させるチャンスですので、迷わず自分のスキル
の一部として吸収します。

 

一番仕事が早い人の作業で良いと思ったものをほとんど吸収し尽くしたと思ったら、
今度は先輩、後輩関係なくいろいろな人の作業を観察してみましょう

一番早い人が知らないことを他の人が知っている可能性があるからです。

 

この時に大事なのが「この方法だと早く作業ができる」と思ったら、
瞬時に自分の仕事スタイルに組み込んでしまうことです。

仕事を早く終わらせられることが確実なら、変なプライドを持ったり意地を張って
独自のスタイルを持ち続けても全く良いことはありません。

スポンジのように一瞬で吸収する柔軟さが必要になりますので、
これを意識してみてくださいね。

 

他の人に教えてみる

ある程度早く作業がこなせるようになってきたら、他の人に教えてみましょう

一見、他の人に効率的な作業を教えるというのは、作業を効率的に行えている自分にとっては何のメリットもないように思えます(人と交流する時間が持てる、などは別として)。

 

しかし、人に教えてみると分かるのですが、
教えている相手がさらに効率的な方法を知っている場合があります

私も「これ以上効率的にはできないだろう」と思っていた方法に

キーボードのショートカットなどのちょっとしたテクニックを組み込むだけで、
さらに早く済ませる方法を見つけたことがあります。

 

その時は、まるでお祭りで抽選が当たったときのように嬉しかったですね。

また、他の人も仕事を早く終わらせたいと思っている人はいるはずですので、
他の人を助けるためにも自分の方法を教えてあげてみてくださいね。

 

スピードNo.1を目指す

周りの人をコピーして、教えることを繰り返していくと、

最初は2時間かかっていたものが30分でできるようになったりして
自分の作業のスピードアップを実感することができます。

そのレベルに到達したら、

自分の属しているグループ内No.1のスピードを目指してみましょう。

 

こうして自分のグループ内でのスピードを意識することはとても重要で、

これが無ければ自分の今のスピードに満足していることになり、それ以上の
スピードを出すことができなくなります。

それで満足だという人はそれで問題ありません。

しかし、仕事スピードNo.1というのは自分の長所になりますし、
挑戦して損することは無いので、是非チャレンジしてみてください。

 

まとめ

仕事スピードを向上させて早く帰るための方法を以下の通りご紹介しました。

  1. 周りの人をコピーする
  2. 他の人に教えてみる
  3. スピードNo.1を目指す

是非、早く帰れるよう、今回ご紹介した方法を
自分の仕事スタイルに取り入れてみてくださいね。

 

Sponsored Link

-ハウツー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

こんにちはノルムです。
価値ある情報をアップしていけたらなと思います。
最近は料理やストレッチに凝っています。180度開脚してみたいなぁ。