イベント

ペルセウス座流星群の星の数はいくつの頻度で見れる?平均1分に1個も?

投稿日:

毎年夏の時期になると「ペルセウス座流星群」が観測できる時期です。

流星群と聞くと、星の数がいくつくらい見れるのか気になりますよね。

2017年も8月13日の午前4時あたりに流星群の活動が最も活発になる「極大」と
なりますし、見られる頻度は是非ともチェックしておきたいところ!

ということで、2017年のペルセウス座流星群で
見られる星の数と補足情報をご紹介します。

 

ペルセウス座流星群の星の数はいくつの頻度で見れる?

年間三大流星群の一つであるペルセウス座流星群は、
毎年7月20日~8月20日あたりに出現し、8月13日ころに極大を迎えます。

では一体どれくらいの頻度で観ることができるのでしょうか?

一般的に

 

最も活動が活発になる極大の時間帯は、1時間に30~60個もの数の星

極大でなくとも、その前後数日の間には1時間に10個以上の数の星

 

が観測できますよ!

もちろん昼間や月の明かりが強い場合は観測が難しいので、注意が必要です。

 

気になる2017年8月のペルセウス座流星群については、
平年と同じく8月13日の4時あたりに極大となります

しかし、さすがに早朝で起きられないという人もいますよね。

私も4時に起きて流星群を見るかというと…体調によります。笑

 

流星群は極大の時間ピッタリに見なくとも数日前から観察できますので、
実際に見るのは、8月11日の夜から15日の朝までの期間が狙い目です。

一番たくさんの星が見られるのは極大に近い
8月12日の夜中22時頃から13日の夜明けまでですね。

ただし、残念ながら今年は月あかりが強いため、周りに街灯が無い真っ暗な
場所でも見られる流星は1時間に35個ほどと言われています。

 

いつもは綺麗なお月さまに癒されますが、流星を見たいときなどは
「ちょっと、邪魔しないで!」と思わず叫びたくなりますね。笑

ペルセウス座流星群はどの方角でも見ることができるので、
なるべくたくさん見るためにも、月あかりが邪魔をしない方向を向いて観測しましょう!

見れる数が平年よりも少ないと言っても、極大には2分に1個以上の数を
みることができるので、諦めずに探してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ペルセウス座流星群は

一般的に極大で1時間に30~60個
極大の前後数日間で1時間に10個以上は観測できます。

是非、家族や友人、恋人などの大切な人たちと
思い出に残る時間を共有してはいかがでしょうか?

Sponsored Link

-イベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

こんにちはノルムです。
価値ある情報をアップしていけたらなと思います。
最近は料理やストレッチに凝っています。180度開脚してみたいなぁ。