ハウツー

エキノコックス感染をキツネから予防するためにできることは?

投稿日:

2017年6月より札幌市清田区の公園でキツネが
見かけられるようになり、人を恐れず、逃げる
どころか威嚇をして居座り続けているため、
キツネのフンが散乱しているという状態になっています。

ここで心配されているのが、エキノコックスという寄生虫です。

特に公園では子供も遊ぶため、不安な親御さんも多いですよね。

エキノコックスの感染から身を守るためには何ができるのでしょうか。

エキノコックスの感染経路

エキノコックスは寄生虫で、もともとはネズミに
寄生しているのですが、感染しているネズミを
キツネや犬などが食べてしまうとそこから腸内
で寄生し成虫となります。

その結果、感染したキツネなどのフンとともに
エキノコックスの卵が排出され、この卵が何らか
の形で人間の口に入ってしまうと肝臓に幼虫が
寄生するようになります。

 

感染するのは卵が人間の口から入ったときと
いう特定の条件が揃ったときのみで、
幼虫が口から入っても感染しませんし、
豚と人間、人間と人間、ネズミと人間の間では感染しません。

しかし、たとえ感染条件がエキノコックスの卵が
人間の口から入ることであってもいつどこで感染
の危険があるかなんて分かりませんよね。

実際に私たちが暮らす中でエキノコックスを
予防するためにできることは何があるのでしょうか?

エキノコックスを予防するためにできること

感染を予防するためには、卵が口から入る
ということを防がなくてはなりません。

そのためには次のようなことに気を付けてください。

キツネから距離を取る

野生のキツネを自分たちの居住地域に近づけない
ために、餌付けをしたり、むやみに近づくのは止めましょう。

お子さんのいらっしゃる方は子供がキツネなど
の動物に近づかないように注意をする必要があります。

感染の可能性を防ぐ

卵を口に入れないように、川などの生水は飲まないようにします。

野生の植物(果実や山菜)を食べるときには
しっかりと洗い、熱を加えてから口に入れる
ようにしましょう。

外出している間にも手などに卵が付着する可能性
も考えられるため、しっかりと手を洗います。

普段、自分の体にエキノコックスの卵が付いている
かなんて分かりませんよね。

しっかりと予防して、危険から自分たちの身を守りましょう。

 

まとめ

エキノコックス感染を予防するためにキツネ
を遠ざけ、卵を口に入ることから遠ざけるようにしましょう。

寄生虫となるとどこに危険が潜んでいるのか
分かりませんので、できる最大限のことを実施
して、自分の身を守ってくださいね。

Sponsored Link

-ハウツー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

こんにちはノルムです。
価値ある情報をアップしていけたらなと思います。
最近は料理やストレッチに凝っています。180度開脚してみたいなぁ。