グルメ 番組

【ケンミンショー】京都のハモ(鱧)の名前の由来は?落としのお店も!

投稿日:

2017年9月7日の秘密のケンミンSHOWで京都で
有名なハモ(鱧)が紹介されています!

ハモっていったい何なのでしょうか?名前の由来は?

気になる夏の風物詩「ハモの落とし」が食べられるお店もご紹介します。

ハモ(鱧)とは?

ハモとはウナギのような形をしている魚のことで
分類上も、ウナギ目・ハモ科となっています。

 

主に生息しているのは沿岸部で、大型肉食魚です。

見た目の迫力に違わず、肉食なんですね。
これで肉食じゃなかったら、逆に納得できないです。笑

しかし、こんな見た目をしていながらも、
京料理に欠かせない食材として使われているから意外ですよね。

 

ハモの名前の由来

そして、見た目との違和感が拭えない「ハモ」という可愛らしい名前!
これの由来は何なのでしょうか?

由来にはいくつか説があり、

言葉の「食む(はむ)」に由来するという説
「歯持ち」に由来するという説
中国語で「海鰻」(ハイマン)と呼ばれることに由来する説
姿がマムシに似ていたことから「蝮(ハミ)」に由来する説
食感が「はもはも」していることに由来する説
口を張って、もがくことに由来する説

などなど様々な推測がされています。

個人的には、誰か最初にハモを捕まえて食べたときに
「これハモハモしてるじゃん!だからハモでいいんじゃない?」
と言ってハモという名前になったという説を支持したいです。

他の言葉だったり、マムシに似ているから、というのは、
なんだか本当なのか怪しく感じてしまうのですが、
みなさんはいかがでしょうか?

ハモの落としが食べられるお店

ハモ料理の中でも夏の風物詩と言われるのが「ハモの落とし」です!

 

「落とし」とは、湯引きされたハモのことで、骨切りした
ハモを2~3cm程に切り,サッと熱湯に通して氷水で冷やし,
いり酒、からし酢みそや梅肉じょうゆと一緒に食べる料理です。

いや~想像しただけで今すぐお酒と一緒に食べたくなりますね!

 

そんな「ハモの落とし」が食べられる京都のお店が
「京町家 鴨ゝ(きょうまちや かもかも)」です。

 

京町家 鴨ゝ(きょうまちや かもかも)ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/kamokamo/

こちらのお店では、落としが季節限定で食べることができます。

夏の京都に寄った時には、是非とも食べておきたい一品ですね。

きっと良い思い出になること間違いなしです!

 

まとめ

ケンミンショーで紹介されたハモ(鱧)について
名前の由来や落としが食べられるお店をご紹介しました。

そろそろ夏も終わりですが、それまでに食べておきたいです。

 

Sponsored Link

-グルメ, 番組

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

こんにちはノルムです。
価値ある情報をアップしていけたらなと思います。
最近は料理やストレッチに凝っています。180度開脚してみたいなぁ。