番組 芸能

後藤啓の虫の音マニアへのきっかけや経歴は?鳴く虫研究社で虫を通販!

投稿日:

マツコの知らない世界に、なんと1500匹以上もの虫と
暮らしている虫マニアの後藤啓さんが登場します。

 

虫が一斉に鳴いていても何匹鳴いているのか聞き分けられる
ほどの聴力の持ち主のようですが、彼が虫の音に魅了された
きっかけは何なのでしょうか?

彼のプロフィールと経歴とともに見ていきましょう。

後藤啓さんのプロフィールと経歴

名前:   後藤啓
生年月日: 1959年
出身:   大阪府

1500匹という信じられないような数の虫と住んでいる後藤さん
は、年間14種類の鳴く虫を自宅にて飼育して、日々、虫の音を
楽しみながら生活されています。

特に彼の好きな鳴く虫ベスト3は、
マツムシ、キンヒバリ、ヤマトヒバリ
という名前の虫ですが、
私はどれも全く聞いたことがありませんでした。

 

誰でも知っている鳴く虫といったらやはり童謡にもある
コオロギが有名ではないでしょうか?

好きな虫に、マツムシやヒバリといった名前が挙がって
来るとは、さすが虫マニアですね。

 

そんな彼が虫マニアになったきっかけは、残念ながら
分かりませんでしたが、昆虫採集を始めたのは、6歳からです!

小学校低学年にはキリギリス、
高学年ではエンマコオロギやマツムシ、
中学生からはクサヒバリやカンタン
といった虫を飼育しています。

どんどん虫の種類が増えて彼が虫にのめり込んで
いったのが目に見えるように分かりますね!

最近では、1年365日の約半分150回も採集に出かけるほどのようです。

 

後藤啓さんの書籍とインターネット販売

 

そんな彼は鳴く虫の音色をたくさんの人に楽しんで欲しい
という思いを込めて自身の経験を基に

「鳴く虫の捕り方・飼い方」という本を出版されています。

 

この本では21種類の虫の採集方法が掲載されています。

虫の採集方法について書かれた本は、ほとんど無く、
ネット上にも情報が無いため、かなり貴重な本とのこと。

本の内容としては、
「ルッキング・カップ・ビィーティング採集法」、
「カップ採集法」、「見下ろし採集法」、
「カワラスズの採集法」や情報の無い「ヤマトヒバリの採集方法」
といった彼オリジナルのものを含んだ採集方法が盛りだくさんです!

子供がいるお父さんなどは、いつもとは違った秋の雰囲気を
味わうために、お子さんと一緒に鳴く虫採集されても楽しいかもしれませんね!

 

もし、鳴く虫採集する時間が無いという方も大丈夫です。

なんと後藤さんは、昔デパートで聴くことのできた虫の音を
日本の素晴らしい文化として、もう一度復活させたい思いを持って、
「鳴く虫研究社」という会社を経営しています。

「鳴く虫研究社」はネット販売サービスで、コオロギやキリギリス
といった鳴く虫を購入することができますので、虫の音を楽しみたい
けど採集している時間が無いという方は利用してみてはいかがでしょうか?

http://nakumushi.jp/netshop/

 

まとめ

虫の音マニアの後藤啓さんの虫の音マニアになった時期は6歳のころからでした。

採集方法の本の出版やネット販売をするほどの愛情には頭が上がりませんね。

これからは涼しい秋の季節。
私も少し道端で虫の音に耳をすましてみようと思います!

 

Sponsored Link

-番組, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

こんにちはノルムです。
価値ある情報をアップしていけたらなと思います。
最近は料理やストレッチに凝っています。180度開脚してみたいなぁ。