芸能

元水泳選手・渡辺健司が死亡した理由・原因は?同級生のお悔やみの声も

投稿日:

オリンピックの元水泳選手であった渡辺健司さんが
お亡くなりになっていたことが判明しましたが、
どうして亡くなっていたのでしょうか。

本人のプロフィールとともに見ていきましょう。

渡辺健司さんのプロフィール、経歴

名前:   渡辺 健司(わたなべ けんじ)
生年月日: 1969年7月17日
死去日:  2017年9月18日
出身:   東京都豊島区
中学校:  日本大学豊山中学校
高校:   日本大学高等学校
大学:   早稲田大学

彼はオリンピックで以下のような経歴を持っています。

1984年 ロサンゼルスオリンピック
1986年 ソウルでアジア大会にて200m平泳ぎで優勝
1988年 ソウルオリンピック
1990年 北京でアジア大会にて200m平泳ぎで優勝、
平泳ぎ100m日本新記録樹立(1:03:12)
1992年 バルセロナオリンピックにおいて3大会連続出場、
200m平泳ぎで7位に入賞、平泳ぎ200mで日本新記録を樹立(2:14:35)

彼が水泳選手としてオリンピックに初出場したのは、
なんと中学3年生のころからです。

日ごろから相当な量の練習をこなしていたのでしょう。

その他の大会でも優勝されていたり、日本の新記録を
たたき出したりと、とても素晴らしい活躍をされています。

そんな彼はなぜ亡くなってしまったのでしょうか。

渡辺健司さんの死亡した理由・原因は?

数々のメディアで彼が死亡した事実については語られていますが、
その理由の説明はありませんでした。

もともとアスリートだった方ですので、生活の不摂生や
運動不足による生活習慣病であったことは考えにくいですし、

メディアの報道から考えるに、自ら命を絶ったということ
も無いと思われます。

だとしたら、突然何らかのきっかけで息を引き取った可能性が高いと考えられます。

突然死といったら、脳や心臓によるものが多いですので、
このあたりが原因なのではないでしょうか。

ツイッター上では水泳界で彼にお世話になったり、
彼と同じ学校だったという方の追悼の言葉が述べられています。

 

 

まだまだ年齢も48歳と若かっただけに、本当にいきなりの
ことで大変驚かれたことと思います。

選手を引退後、なにをされていたのか、確かな情報は
ありませんでしたが、Wikipedia上に豊島区の水泳連盟へ
のリンクがあったことから、

水泳の経験を活かして地元で水泳教室の先生をされていたのだと思われます。

だとしたら、そこに通っている生徒の子供たちに
とってはかなり辛い現実となります。

 

人間、いつ亡くなるのかというのは本当に分かりません。

私も自分の生活を見直して、毎日を悔いなく生きていきたいと思いました。

まとめ

元水泳選手の渡辺健司さんの死亡した理由・原因について考察してみました。

若くて素晴らしい功績を持っている方が
亡くなるのは本当に心が痛みます。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

こんにちはノルムです。
価値ある情報をアップしていけたらなと思います。
最近は料理やストレッチに凝っています。180度開脚してみたいなぁ。